学校の沿革

学園の沿革

学園プロフィール

1949
東京中野区に秋草学園として発足。(校長 秋草かつえ)
1955
学校法人に組織を変更。
1960
編物に、洋裁・和裁を加えて、服装の総合学園となる。
1962
「秋草服装学院」と改称。
1969
「秋草保育学院」開校。
1975
「秋草栄養専門学院」開校。
1976
三校を「専門学校」に改称。
1979
所沢市に秋草学園短期大学(幼児教育学科第一部・二部)開学。
1982
狭山市に秋草学園高等学校開校。
1985
短期大学に国文科及び経営科を増設。
1993
短期大学2号館新築。
1995
所沢市に秋草学園福祉教育専門学校開校。
1997
短期大学に学位授与機構認定の専攻科 幼児教育専攻を設置。
2001
国文科を日本文化表現学科に、経営科をビジネスマネジメント学科に各々名称変更。地域保育学科第一部・二部学科増設
2007
日本文化表現学科及びビジネスマネジメント学科の改編により文化表現学科開設。地域保育学科第一部を昼間部2年制から3年制に改編。
2009
(財)短期大学基準協会の第三者評価により3月24付けで「適格」の認定をいただきました。評価結果の詳細については協会のウェブサイトでご覧いただけます。

(財)短期大学基準協会の機関別評価で「適格」の認定

本学は平成27年度に(財)短期大学基準協会による第三者評価を受け、機関別評価ですべての点検評価項目について 「適格」の認定をいただきました。

短期大学や四年制大学における「教育の質」の保証が大きな社会的要請となっている現在、本学は教育内容の一層の充実と教育環境の改善に努めてきました。その意味で、今回の第三者評価で「適格」の認定をいただいたということは、これまでの努力が報われた思いです。
今後とも中長期的展望に立って、社会から信頼され愛される学園となるべく教職員一体となって前進を続けてまいります。

秋草学園福祉教育専門学校

秋草学園福祉教育専門学校

「思いやりの心を持つ情操豊かな介護福祉士の育成」を目指し、1995年に「介護福祉士」を養成する厚生労働大臣認定の専門学校として開校しました。
開学以来、就職状況は極めて好調で、多くの卒業生が希望の福祉施設に就職しています。近年では、特別養護老人ホーム等を中心に多数の求人が来ています。
実習施設も充実し、将来の夢を実現できる学びの環境が整っています。
「幼児保育の秋草」に加え、「福祉の秋草」の新たな伝統が築かれようとしています。

秋草学園高等学校

秋草学園高等学校

秋草学園高等学校は、1982年に女子校として開校。
「特進選抜」「進学選抜(α・β)」「進学」「幼児教育・保育進学」の4コース制を採用。知識・技能を基盤とした「確かな学力」や主体的・協働的な学習である「アクティブラーニング」の実施。さらに社会で活躍するために必要なマナー及び日本伝統文化を身に付けるための「秋草女子教育」を提供していきます。
  部活動では卓球部・ダンス部・吹奏楽部など、全国大会・インターハイ、関東大会の出場経験があり上位入賞を果たしています。