キャンパスライフ

秋短情報の広場

「秋短情報の広場」にようこそ

この広場では、今までに受験生や高校生から頂いた“生の”質問をQ&A形式で掲載したり、「先輩の秋短ライフ情報」として、実習のこと、授業のこと、就活のこと、部活のこと、アルバイトのこと等々、気になる秋短ライフのリアルな情報を随時更新してお届けします。是非チェックして下さい)もちろん、オープンキャンパス開催後のレポートも更新していきますので、お楽しみに(*^^)v

ブログも見てね→秋短SMILEブログへ

在学生レポートへジャンプ!

秋短ショートムービー

在学生レポート 各学科のキャンパスライフを紹介します。

あなたの夢は、何ですか?即答で「幼稚園の先生」「やさしい 保育士」「図書館司書」「実社会で笑顔で仕事をすること」などと答えられる人もいるでしょう。まだ自分がど うしたいのか、どんな仕事に向いているのかわからないという人もいるでしょう。
そのどちらの人も秋草学園短期大学は応援します。

 

 

■幼児教育学科第一部



伊藤 明日香

伊藤 明日香

埼玉県立川越西高等学校出身

2年間で資格が取得できるこの学科は私の理想でした


小さい子どもが好きで、中学生の頃から保育士になることが夢でした。少しでも早く働きたいと思っていた私にとって、2年間で幼稚園教諭二種免許と保育士資格が取得できるこの学科はまさに理想的でした。現場で仕事をしてきた先生が多く、授業では具体的なお話がたくさん聞けます。限られた時間の中で必要なことをやり遂げる充実感は大きなプラスになっています。子どもや保護者の方々に信頼される、明るく元気な保育士を目指したいです。

 

 

 河田 結花

河田 結花

私立秋草学園高等学校出身

実践的な授業と励まし合える仲間のおかげで毎日充実しています

秋草学園高校の時から、この短大で保育士を目指そうと決めていました。今は学ぶことも多くとても充実した毎日。実践的な授業が豊富で、保育の現場のことがリアルに理解できるのは大きな魅力です。絵本や紙芝居など扱っていると童心に返った気持ちになれますし、苦手な英語も、将来、保育士として働いている自分を想像しながらがんばっています。一緒に励まし合う仲間たちがいるのも心強いかぎりです。

 

 

川口 彩

川口 彩

埼玉県立川越総合高等学校出身

子どもの気持ちに寄り添える保育士を目指しがんばっています


オープンキャンパスでの模擬授業を受け、内容の深さを知って入学を決めました。子どもに関わる仕事に早く就きたかったので、2年という短い期間、保育の学びに集中できるのもうれしい点でした。授業では教科書に書いていないこともいろいろ教えていただき、とてもためになります。みんなの前での発表も多く、人前で話すことにも慣れてきました。将来は子どもの気持ちに寄り添い、個性を尊重できる保育士を目指したいと思います。


 

上田 侑花

上田 侑花

埼玉県立滑川総合高等学校出身

アットホームで明るい雰囲気の良さが決め手でした


小さい頃から赤ちゃんが大好き。小学校での職場体験で保育園を選んだ時から保育士になろうと思っていました。学園祭とオープンキャンパスで出会った先生方や先輩方の親しみのある雰囲気が魅力で秋草へ。入学当初は課題の多さに驚きましたが、今では効率よく取り組めるようになり、余裕も出てきました。先生には授業内容以外で相談に乗っていただくこともしばしば。思った通りのアットホームな大学でした。

 


山本 紗英子

山本 紗英子

私立東海大学菅生高等学校出身

個人レッスン室が充実しているので安心してピアノの練習ができます


高校では理系でしたが、中学生時代の夢だった保育士になりたくて進路を変えました。秋草に決めた理由のひとつは設備が充実していることです。特にピアノ個人レッスン室は46室もあり、空いている時は積極的に練習するようにしています。また他大学に比べて実習の回数が多いので、実践力もつくと思います。先生は明るい方ばかりで、毎日の授業も楽しみ。2年制なので勉強は忙しいですが、がんばった分だけ自信がついてきたのを感じます。

 

 

■幼児教育学科第二部


 


神 佑香

神 佑香

私立日体桜華高等学校出身

苦手なピアノも個人レッスンのおかげで自信がつきました


夜間制で幼稚園教諭免許と保育士資格が取得できること、設備が整っていることから秋草を選びました。今は週4日のアルバイトをし、学費は月払いにしています。忙しい毎日ですが、授業を通し、保育者への夢に向かって一歩一歩前進しているのを実感します。苦手だったピアノも優しく教えていただけるので安心。個人レッスン室も時間を見つけては利用しています。卒業後は子どもと常に思いを分かち合える保育者を目指します。

 

 

 岸 栞奈

岸 栞奈

岩手県立千厩高等学校出身

授業はわかりやすく実践的な内容なのでしっかり身につきます


秋草に入学したのは夜間制があることが一番の決め手でした。経済面から大学進学をあきらめかけていましたが、ここならアルバイトをしながら学べ、学費月払い制度もあるので、自分の力で保育士の夢をかなえられると思ったのです。仕事で疲れている時は先生の講義をノートに取るのが大変ですが、どれも現場で役立つことばかりなのでとても勉強になります。子どもの気持ちを理解して寄り添えるような保育士を目指してがんばっていきます。

 

 

前田 あゆみ

前田 あゆみ

東京都立東村山高等学校出身

授業で学んだことをすぐに昼間の現場で活かせます


保育現場で働くのが高校時代からの目標でした。今は週に5日、幼稚園でアルバイトをしています。短大で学びながら昼間は自分のしたい仕事ができて、本当に充実した毎日です。「保育内容」など授業で習ったことを現場で活かせますし、また現場で感じたことも授業の理解に役立っています。課題も多く、1日が過ぎるのはあっという間。けれども慕ってくれる子どもたちの姿を見ると、将来に向けての勉強もがんばれます。

 

 

■地域保育学科



新井 みなみ

新井 みなみ

東京都立多摩高等学校出身

多彩な資格に挑戦できるところに惹かれました


小学生くらいの子どもと遊ぶのがとても好きで、将来は児童館などの施設で仕事をしたいと思い、さまざまな資格取得に挑戦できるこの学科を選びました。大学でもクラス制をとっているので、担任の先生との距離が近く、学内はとてもなごやかな雰囲気です。実習、演習など主体的に取り組む授業が多いので、実践的な力が身についていきます。将来、子どもたちのことをしっかり守れるよう、これからも毎日の学びを大切にしていきたいです。

 

榎戸 香織

榎戸 香織

東京都立青梅総合高等学校出身

保育士になって、地域の施設で活躍するのが私の目標です


高校生の時から児童養護施設で働きたいと思っていました。地域保育学科ならそのための勉強ができると知り、オープンキャンパスでの雰囲気もよくて入学。地域活動(ボランティア)で保育園や幼稚園のほか障がい者施設に行ったのも、とても勉強になりました。またインターンシップでは埼玉ブロンコスへ。一般企業を経験することもきっと将来に役立ちます。卒業後は保育士資格を活かし、地域の施設で活躍するのが目標です。

 

藤井 彩瑛

藤井 彩瑛

群馬県立高崎工業高等学校出身

先生方の実体験に基づいたリアルな声が聞けます


1年でも早く働きたい反面、詰め込み勉強が苦手な私には、3年制の学科はぴったり。科目は幅広いし、資格にもいろいろチャレンジできます。授業では先生方の実体験に基づいた貴重なお話が多く、将来のためにも聞き逃せません。群馬から出て一人暮らしなのですが、友だちも増え、キャンパスライフを思い切り楽しんでいます。目標は地元の公立幼稚園で先生になることで、小学生の時からの夢をかなえるためにがんばっていきます。

 

 

森 みずき

森 みずき

東京都立府中西高等学校出身

公立保育士を目指し、勉強と部活を楽しく両立しています


小さい頃から子どもの世話をするのが好きで、高校時代には公立保育士が目標になりました。そこで、3年間じっくり学べ、公立保育士対策講座もあるこの学科へ。自分なりの考えを求められる授業が多くて最初は大変でしたが、おかげで学んだ内容も自然と頭に残るようになりました。今はクリエイティブダンス部の代表も務め、勉強と部活を楽しく両立しています。卒業後の進路は保育園か施設か、これからじっくり考えていきます。

 

 

城近 沙耶香

城近 沙耶香

埼玉県立飯能高等学校出身

多くの資格を取得し視野を広げ、3年間の時間を活かしていきたいです


私がこの学科を選んだのは、資格が多く取得できて進路も視野も広げられること。そして3年間の時間を活かしてきちんとピアノを身につけたいと思ったからです。保育の仕事にはピアノは必須。先生と一対一のレッスンで、きめ細かく教えてもらえます。また以前は人前に立つのが苦手でしたが、授業での発表を通して少しずつ慣れてきました。将来の道はまだ未定ですが、目の前の勉強をがんばりながら、ゆっくり検討していくつもりです。

 


■専攻科 幼児教育専攻


  岡庭 瑛里

岡庭 瑛里

東京都立小平高等学校出身

自分自身で深く考える少人数制の授業を通し将来への自信がつきました


保育士になるのが子どもの頃からの夢。そして、やりたかったバスケットボール部も強さで知られることから、地域保育学科に入学しました。4年制大学では希望する条件に合わなかったのですが、ここなら同じ学位が取得できるのも魅力でした。授業は少人数のディスカッションが中心です。常に自分自身で考え、発言することが求められます。秋草での深い学びをベースに自分らしさを出せる良い保育者になり、定年まで仕事を続けたいと思います。

 

■文化表現学科



久保 花奈

久保 花奈

私立豊南高等学校出身

秋草で培ったコミュニケーション力で将来の夢を目指します


本と図書館の空間が以前から大好きで、図書館司書資格が取得できることと、図書館の蔵書数が多いことに大いに魅力を感じて秋草に入学しました。今は司書資格と秘書検定2級を目指して勉強しています。また、どの科目でも将来社会に出て必要になるコミュニケーションを重視しているので、学んでいくうちに自然とコミュニケーション能力もついてきました。いつかは障がいのある人や外国人の利用者が使いやすい図書館づくりをするのが夢です。

 

 

宮下 裕希

宮下 裕希

東京都立小平西高等学校出身

多彩なカリキュラムに触れ、視野が広がりました


最初は医療事務の勉強を目的に入学しました。でも、この学科の科目や取得できる資格は本当に多彩。パソコンやファッションにも視野が広がりました。今は医療秘書士のほか事務とファッション系の資格をいろいろ取得する計画。学ぶことすべてが自分の力になります。来年はクリニックでのインターンシップも楽しみです。卒業後は就職か4年制大学への編入学か迷っているところです。将来を考え、悔いのない選択をしたいです。

 

 

宮澤 彩佳

宮澤 彩佳

埼玉県立入間向陽高等学校出身

自分の興味深い科目を選択できるので楽しく学んでいます


本に関わる仕事をしたいと考えたのは中学生の時です。秋草高校に在学している妹にこの学科の話を聞き、訪ねた時の雰囲気もよくて入学を決めました。学科の科目はほぼ全選択です。目指す進路や興味に沿って選べるので勉強も楽しいです。不得意だったパソコンも、先生に相談しながらとにかく努力を重ねています。ここで司書資格を取得し、将来は、出版社や役所などで、秋草での学びを活かしていければと思っています。

 

 

大赦 くるみ

大赦 くるみ

東京都立日野高等学校出身

図書館司書と情報処理士の資格取得に励んでいます


さまざまな資格が取れるうえ、多様な授業が受けられることからこの学科に入学しました。今は図書館司書と、司書の仕事に関係する情報処理士の資格を取得できるよう勉強しています。受けたい講義が多く、時間割を組むのも大変ですが、学べば学ぶほど教養が深まっていくのがうれしいです。今特に興味深く感じているのは「アナウンス表現演習」「商品とデザイン」「校正校閲」などの科目です。将来、出版関係などに進んだ際も役立ちそうです。


 

谷沢 美月

谷沢 美月

埼玉県立大宮武蔵野高等学校出身

好きな科目を深く探究でき、充実した毎日です

図書館司書と情報処理士の資格取得を目指して勉強中です。特にパソコンはもともと好きですし、司書になった時に必要なので、科目も多く取るようにしました。そんなふうに自分の好きなように組み合わせた時間割で学べるのが、この学科のよさだと思います。地域活動(ボランティア)の授業で地域の活動を手伝ったのも、とてもいい経験になりました。高校と違い、自分の興味分野を深く探究できるのは大学でこそ。毎日がとても充実しています。

 

平成27年度

 

■幼児教育学科第一部



東 芙雪

東 芙雪

東京都立東村山西高等学校出身

苦手だったピアノ、個人レッスンのおかげで自信がつきました


オープンキャンパスでお会いした先輩方を通してアットホームな授業の様子を知り入学を決めました。先生方の経験談をまじえた楽しい授業は、手あそびなど実習でもすぐに使える内容が多くとても助かります。ピアノの授業は個人レッスンで一人ひとりの進度に合わせて丁寧に指導していただけるので確実にレベルアップしていることを実感しています。卒業後は2年間の学びを精一杯活かし、立派な保育者になりたいと思います。

 

 三浦 美咲

三浦 美咲

私立山村学園高等学校出身

資格取得に向け大切な仲間と充実した学生生活を送っています

自宅から近く、卒業と同時に幼稚園教諭二種免許と保育士資格を取れることから秋草に決めました。この学科は2年間同じクラスで、授業もクラス制度で行われるため、みんなと仲良くなれるのが特長です。先生方が丁寧に説明してくださる授業はとてもわかりやすく、どの学生も真剣に受講しています。将来は保護者の方に頼られ、子どもたちから愛される保育士になりたいと思います。

 

 

 水落 彩奈

水落 彩奈

東京都立小平西高等学校出身

笑顔あふれる先輩方に魅せられ秋草に決めました


秋草を選んだのは「笑顔をモットーにしている大学」だから。オープンキャンパスで出会った先輩方はあたたかな笑顔にあふれ、保育者を目指す私はその人間性をもぜひ学びたいと思いました。2年間で資格を取得するために大変なこともありますが、ユニークな先生方が多いので授業は楽しく、あっという間に時間が過ぎてしまいます。今は、同じ目標をもつ仲間と夢中で過ごす日々を1日1日大切にしていきたいと思います。

 

 

関 潤奈

関 潤奈

埼玉県立狭山清陵高等学校出身

専門的なカリキュラムと実践的な授業は私の理想の環境です


ピアノのマンツーマン指導や実践的な保育の専門知識を幅広く学べるカリキュラム、環境のよさ。保育者を志す私にとって、秋草は理想の学びの場です。短大は自分の描く夢に近づくための大切なステップ。不安もありますが、周囲に同じ目標を持ったクラスメイトがいるので励まし合いながらがんばれます。卒業後は子どもと同じ目線に立つことのできる、明るく優しい保育者になるのが目標です。

 


 吉田 里穂菜

吉田 里穂

都立羽村高等学校出身

実習や制作などの積極的に取り組む授業のおかげでスキルアップを実感!


きれいな校内、明るく挨拶してくださる先生方。秋草の魅力はたくさんありますが、私のおすすめは丁寧でわかりやすい授業です。「保育内容」(造形表現Ⅰ)でパペットを制作したり「図画工作」で折り紙や工作などあそび方の基本を学んだ後、実習でそれを実践できるのでスキルがしっかり定着します。授業によってはDVDを使用して解説してくださるので内容が頭の中にスムーズに入ります。卒業後はこの経験を活かして立派な保育士になりたいと思います。

 

 

■幼児教育学科第二部

福井 霞

福井 霞

東京都小平高等学校出身

同じ環境で学ぶクラスメイトの存在がとても心強いです


二部を選んだのは、学びながら働くことで様々な人に関われると思ったからです。1日2科目の授業は、先生方がとても熱心に教えてくださるので学習意欲が高まり知識がしっかりと身につきます。同じように昼間働くクラスメイトは何でも相談しあえる、かけがえのない存在。そんな仲間たちと保育士になる夢に向かって過ごす今、自分が大きく成長していることを実感しています。

 

 

加藤 初音

加藤 初音 

私立八戸工業大学第二高等学校出身

経験豊富な先生方が多く現場のリアルな声が聞けます


卒業時に幼稚園教諭二種免許と保育士資格が取得できること、高校の担任に薦められたことが理由で入学を決めました。1日2科目の授業は、昼間働いている学生にとって無理がないうえ、わかりやすく充実しています。先生方は実際に保育園や幼稚園で働いていらっしゃる方が多いので現場のリアルな声が聞け、大変勉強になります。卒業後は地元青森で保育士として働きたいと考えています。

 

 坂口 茉莉子

坂口 茉莉子

私立秋草学園高等学校出身

実習や授業で学んだことを翌日すぐに実践できることが嬉しいです


母校が秋草だったこと、施設や授業内容が他の大学より優れていることから、迷わず入学を決めました。現在は短大に紹介していただいた幼稚園で昼間アルバイトしながら夜間学んでいますが、学びをすぐに職場で活かせるのは二部ならではのメリットだと思います。初心者だったピアノも先生方のご指導により上達することができました。将来はピアノが上手で笑顔が素敵な保育士になりたいと思います。

 

坂本 愛

坂本 愛

私立白梅学園高等学校出身

素敵な保育士を目指し、働きながら学んでいます


昼間働きながら学べる夜学で幼稚園教諭免許と保育士の資格が取れること、オープンキャンパスで入試相談を担当してくださった先生がとても親切だったことから、秋草で学ぼうと決心しました。ここでの授業は1日2科目ですが、レポート提出やピアノの練習などやるべきことはたくさん。それでも同じ環境で切磋琢磨しながら学び合う友だちがいるのでがんばれます。卒業後は子どもたちにたくさんの愛情を注げる保育士になりたいです。


■地域保育学科

 

 川上 千裕

川上 千裕

埼玉県立川越総合高等学校出身

先生方の丁寧な指導で苦手な科目も楽しく習得できます


地域保育学科は少人数制の授業で3年間通えるので、自分のペースで学べる上、多くの資格を取得できるのが魅力です。先生方はみなさん、とても優しくてフレンドリー。わからないことは何でも気軽に質問できるので知識をどんどん吸収することができます。今、夢中なのはピアノのレッスン。初心者でしたが、充実した設備と丁寧なご指導のもと、ピアノを弾ける楽しさを知りました。保育士への夢に一歩近づけたようにも思います。

 

熊田 茜

熊田 茜

福島県立湯本高等学校出身

ゆとりある3年制で今しかできないことをたくさん経験したい


保育士だけでなくピアヘルパーの資格を取得できること、学内の雰囲気のよさに惹かれて入学を決めました。授業は1年次から将来につながる実践的な専門科目が充実しているので90分がとても早く感じます。先生方と学生の距離が近く、質問しやすい雰囲気も魅力です。3年という在学期間中にインターンシップやホームステイなど様々な体験を通して、自分に合った進路を見極めるつもりです。

 

冨山 香織

冨山 香織

私立昭和第一学園高等学校出身

少人数制の授業のおかげでコミュニケーション力を培いました


地域の人々と触れ合える地域活動(ボランティア)をはじめ、3年間で広い体験と知識が得られるカリキュラムがこの学科の魅力です。少人数制の授業はいつもにぎやかでアットホーム。そのぶん発言しやすい雰囲気があり、自然にコミュニケーション力を養うことができます。また、同じ進路を目指す仲間と真剣に取り組むグループ発表では協調性の大切さを学んでいます。卒業後は地域に密着した保育士になるのが目標です。

 

 

舘 美咲

舘 美咲

都立大泉桜高等学校出身

多彩な現場実習で積んだ様々な経験を将来に活かしたい


地域保育学科では、乳幼児用品メーカーなどチャイルド関連企業への道も開けているので、私も当初は絵本 の出版社への就職を希望していました。しかし、いろいろと学ぶうちに、幼児保育への関心が高まり、現在では 幼稚園、保育園で働くことが将来の目標になりました。子どもたちから慕われる保育者になりたいと思っていま す。

 

 

 

 安田 麻由

安田 麻由 

東京都立武蔵丘高等学校出身

幅広いジャンルの資格が取得できるところに惹かれました


秋草を選んだのは、母の知人から伝統あるこの短大を薦められたこと、高い就職率、そしてオープンキャンパスでお会いした明るく元気な先輩の存在が大きかったと思います。保育者を目指す私にとって、ほぼ初心者のピアノの授業はとても不安でしたが、先生方がマンツーマンで丁寧に指導してくださるので、無理なく進めることができました。これからは様々な資格取得にチャレンジしたいと考えています。

 


■専攻科 幼児教育専攻


 

松澤 萌

松澤 萌

埼玉県立川越西高等学校出身

子どもと保護者に寄り添える保育者に少しでも近づきたい


専攻科に進学したのは、理想の保育者に近づきたい、社会に出る前にもっと学びたいと思ったから。ゼミナール形式の少人数制の授業は、クラスメイトや先生方とディスカッションしながら幼児教育の専門的な知識をより深く学べます。専攻科は授業数が少ないので、私を含めほとんどのクラスメイトが午前中、保育園などでアルバイトしてから登校します。教室で、その日保育園であったことを話すのが楽しみです。

 

 

 

清水 小百合さん

清水 小百合さん

東京都立府中東高等学校出身

「保育の秋草」へ背中を押してくれた高校時代の恩師に感謝!


私は音楽が大好きで、子どもと歌ったり楽器を演奏するのが夢でした。高校の先生に「保育なら秋草がいいよ」と薦められ入学した地域保育学科で学ぶうちに、自分のやりたい保育の形をもっと探求してみたいと思うようになり進学を決めました。専攻科は演習授業が多いので理論と同時に実務がしっかり身につき、それが自信へとつながっています。将来は定年まで働けるパワフルな保育士を目指します。

 

■文化表現学科

 

 舟山 琴乃

舟山 琴乃

東京都立東村山西高等学校出身

積極的に発言できる授業は身になることが多く大満足です


私が文化表現学科を選んだのは、憧れの図書館司書だけでなく、様々な職種に対応する資格を取得できることに魅力を感じたからです。目的や資格に合わせて自由に選択できる授業は、コミュニケーションを重視しているので学生どうしが自由に意見し、お互いを尊重しあえる雰囲気にあふれています。秋草で出会った友と切磋琢磨しながら、私は今とても充実した毎日を送っています。

 

石田 涼香

石田 涼香

私立立川女子高等学校出身

学べる範囲が幅広いので将来の選択肢が広がります


私は高校時代、将来どんな仕事に就きたいか具体的に決まっていませんでした。文化表現学科なら、幅広く学びながら自分に合った進路を探すことができると思い入学を決めました。キャンパスライフは学び以外にも楽しいことがたくさん。所属している文学散歩愛好クラブでは、夏休みに京都へ訪れ文学史跡を巡ったことが印象的でした。秋草で吸収できるものは積極的に吸収して成長していきたいと思います

 

北見 麻理紗

北見 麻理紗

埼玉県立大宮武蔵野高等学校出身

様々な資格取得にチャレンジし、夢の実現に向け励んでいます


公共図書館に勤務するのが夢だった私にとって、2年間で図書館司書資格を取れることが入学の大きな決め手になりました。幅広いジャンルの専門科目を学べ、様々な資格取得を目指せるのが文化表現学科の特長。Webサイトやイラスト、アニメーションなど自分の興味のある分野をぞんぶんに勉強できるのが、今はとても楽しいです。将来の夢がなかなか見つからないという人でも、ここでならきっと未来の道が大きく開けると思います。

 

柴田 澪

柴田 澪

埼玉県立小川高等学校出身

様々なジャンルのカリキュラムを自分で選択できます


各種資格が取得できインターンシップも充実していることから秋草を選びました。なかでも文化表現学科は、多種多様な専門科目がそろっていて、自分のニーズに合わせてカリキュラムを選択できるのが魅力。個性的な先生が多く、学生のレベルに合わせて指導してくださるのでとても楽しく学べます。授業はディスカッションする機会が多いので自然にプレゼン力を磨かれる気がします。おいしい日替わりメニューのある学食もお気に入りです。

 

谷部 美希

谷部 美希

埼玉県立八潮南高等学校出身

専門的な学びと充実したキャンパスライフのおかげで成長を実感しています

文化表現学科を選んだのは、図書館学と文芸創作を同時に学べる環境があったから。憧れの図書館司書を目指しながら小学生の頃から書き続けてきた小説をあらためて学びたいと思ったのです。キャンパスライフは旅行や文化祭、友人との語らいなど楽しいことばかりですが、やはり授業がいちばん。新しい知識を積極的に吸収することで、今までとは違った視点で物事を見たり考えることができるようになり、毎日が充実しています。