キャンパスライフ

秋短情報の広場

「秋短情報の広場」にようこそ

この広場では、今までに受験生や高校生から頂いた“生の”質問をQ&A形式で掲載したり、「先輩の秋短ライフ情報」として、実習のこと、授業のこと、就活のこと、部活のこと、アルバイトのこと等々、気になる秋短ライフのリアルな情報を随時更新してお届けします。是非チェックして下さい)もちろん、オープンキャンパス開催後のレポートも更新していきますので、お楽しみに(*^^)v

ブログも見てね→秋短SMILEブログへ

在学生レポートへジャンプ!

秋短ショートムービー

在学生レポート 各学科のキャンパスライフを紹介します。

あなたの夢は、何ですか?即答で「幼稚園の先生」「やさしい 保育士」「図書館司書」「実社会で笑顔で仕事をすること」などと答えられる人もいるでしょう。まだ自分がど うしたいのか、どんな仕事に向いているのかわからないという人もいるでしょう。
そのどちらの人も秋草学園短期大学は応援します。

 

 

■幼児教育学科第一部


鈴木 里穂

鈴木 里穂

埼玉県立秩父高等学校

2年間で資格が取得でき、就職率も高いことから母の母校・秋草を選びました

2年間で資格が取得でき、就職率も高いことから母の母校・秋草を選びました


オープンキャンパスで先輩方の明るく元気な笑顔にふれ、幼稚園教諭だった母の母校でもある秋草に入りたいと思いました。2年間で幼稚園教諭二種免許と保育士資格の2つの資格を取得できることや、就職率の高さも決め手です。勉強は忙しいですが、同じ夢を目指す仲間たちが大勢いるので楽しく学べます。現場で仕事をしている先生が多く、リアルな話もたくさん聞けます。将来は秋草での学びを活かし、子どもや保護者に信頼される保育者を目指します。

 

 

近藤 佳菜子

近藤 佳菜子

私立秋草学園高等学校出身

アットホームな雰囲気と最もはやい期間で夢を実現できることが秋草の魅力です

この学科は、2年間で幼稚園教諭二種免許と保育士資格を取得でき、自分の夢を最短距離で実現できることが魅力でした。最初はレポートや課題、ピアノの練習など大変でしたが、今では限られた時間の中で効率よくできるようになりました。学校の雰囲気はとてもアットホームで、いつも笑顔があふれています。将来は子どもたちの「できたー!」を一番近くで見守り、笑顔と学ぶ気持ちを忘れない保育者になりたいです。

 

 

汐入 咲希汐入 咲希

東京都立練馬高等学校出身

基礎から実習まで幅広く学ぶことができるので、スキルアップできます


子どもは私たちの未来です。たくさんのことを吸収する乳幼児期に関わり、子どもたちに希望を与えられる職業に就きたいと思い、この学科に入りました。先生方は学生のために真剣に向き合ってくださいます。保育の基礎からピアノ、工作、離乳食の調理実習など幅広く学ぶことができ、自然とスキルアップしていきます。いずれは語学留学して、インターナショナルの幼稚園で働くことが私の今の目標です。


 

小野 優希小野 優希

東京都立福生高等学校出身

先生のおかげで難しい授業も、毎日楽しく学べています


早く保育園で仕事がしたいと考え、2年で卒業できる秋草を選びました。今は好きなこと、興味のあることばかり学べて、本当にためになっています。先生のお話はとても面白いです。ピアノは難しいですが、童謡が弾けるようになって俄然楽しくなりました。また、レポートを通して字をたくさん書くことにも慣れました。資格や免許は一生もの。自分のやりたいことを見つけてハッピーな人生にしてください!

 

 

高橋 万里杏

高橋 万里杏

私立細田学園高等学校出身

同じ目標に向かっていく仲間がたくさんいることがとても心強いです


小さい頃から子どもが大好きで、保育者になろうと考えました。秋草に決めたのは、オープンキャンパスで前向きでひたむきな先輩方と話し、また先生と先輩とのやりとりにも温かいものを感じたからです。実際、キャンパスは女子短大ならではの明るく和やかな雰囲気です。先生は時に厳しく、時に優しく、丁寧に教えてくださいます。目標に向かって一緒にがんばる仲間が大勢いることも、とても心強いです。

 

 

■幼児教育学科第二部


 

山内 優希

山内 優希

秋田県立秋田北鷹高等学校出身

保育所でのアルバイトと夜間の授業の両輪で経験値を高められます


小さい子のお世話が好きで、保育の仕事に進もうと思いました。この学科なら昼間に働きながら勉強でき、両親に金銭的な負担をかけずに夢をかなえられるのが大きな魅力。今は秋草で紹介してもらった保育所で週に3日アルバイトをしています。授業は一つひとつが仕事に活かせる実践的な内容ですし、先生方は保育所で感じた疑問などを質問すれば優しく教えてくださいます。卒業後は地元に帰り、子どもたちをきちんと指導できるような保育士になりたいです。


 

上野 美来上野 美来

千葉県立安房高等学校出身

ピアノはマンツーマンで教えてもらえるので、苦手な人でも安心です


全国でも数少ない夜間制があり、オープンキャンパスで見た雰囲気もよかったことから秋草に進学しました。先生は優しい方ばかり。ピアノはマンツーマンで教えてもらえ、自分のペースで進められます。授業は1日2科目なので予習や復習がしやすく、個人ピアノレッスン室も多くあり、助かっています。アルバイトと授業の両立は慣れるまでは大変でしたが、友達と励まし合ったり楽しく遊んだり、とても充実した日々です。

 

 

大野 杏樹

大野 杏樹

東京都立武蔵村山高等学校出身

夜間に学べることで、とても効率的に経験を積むことができます


自分が幼稚園児だった時の先生が大好きで、そんな先生になるのが夢でした。この学科は昼間は保育の現場で働き、夜間に学ぶことで効率的に経験値を積めると思います。学費の月払い制も助かります。週に5日、幼稚園で仕事をしていますが、授業の休み時間に、現場での子どもたちの様子など友人と話すのも毎日の楽しみです。忙しい時も多いですが、学生生活で大きく力がついてきたことを実感しています。

 

 

■地域保育学科

 

清水 彩加

清水 彩加

埼玉県立豊岡高等学校出身

ゆとりのある3年間で多くの資格が取得でき、進路の幅も広がります


小さい頃、保育園に憧れの先生がいて、自分も子どもに関わる仕事をしたいと思ってきました。この学科を選んだのは、多彩な資格に挑戦できるうえ、3年間で余裕を持って勉強できることからでした。今、取得済みの資格はおもちゃインストラクター。卒業までに児童厚生2級指導員資格も取得する予定です。児童館での実習も楽しく充実した経験でした。これから幼稚園や保育所の実習もあります。これまでの学びを活かし、しっかり準備して臨みたいと思います。

 

 

小熊 はるな小熊 はるな

埼玉県立川越総合高等学校出身

グループワークやボランティア活動のおかげで視野が大きく広がりました


オープンキャンパスに訪れた時の先輩の笑顔が印象的で、私もそんな学生になりたいと思って秋草を選びました。3年制でゆっくり学べる点も、私に合っています。自分たちで考えなければならない授業が多く、グループワークを行ったり前に出て発表したり、緊張感もありますが充実しています。ボランティア活動ではさまざまな世代の方と話せて、将来に向けてとても良い体験になっていると感じます。

 

 

栗島 朝希

栗島 朝希

埼玉県立小川高等学校出身

ボランティア活動を通じて現場の雰囲気が体感できるのでとても勉強になります


取得できる資格が多いことと、ボランティア活動があること、そして施設が充実していることが、私がこの学科を選んだ理由です。様々な場所でのボランティア活動は大変ですが、児童館や福祉施設で子どもと関わることができ、保育現場の雰囲気を直接感じ取れるのはとても勉強になります。授業は面白く、先生方は皆フレンドリー。休み時間に友人とピアノレッスンをしたり、図書館で過ごすのも楽しみです。


 

一政 捺希一政 捺希

東京都立東大和高等学校出身

先生との距離が近く、3年間クラスが同じなので友達との絆が深まります


この学科を選んだ理由は、心理学や地域の子育て支援について3年間で深く学べることと、公立保育士対策講座があるからです。はじめて学ぶ保育に最初は不安もありましたが、講義はわかりやすく、毎日楽しく学んでいます。秋草は先生との距離が近く、授業の雰囲気がとても良いです。3年間クラスが同じなので、友達同士の絆が深まり、休み時間のおしゃべりが楽しみ。そんな環境のおかげでがんばれます。

 

 

和田谷 紗樹

和田谷 紗樹

埼玉県立川越南高等学校出身

さまざまな資格取得に挑戦しながら、保育士の夢を叶えたいと思います


小学1年生からガールスカウトに入っていて、下の子の面倒を見るのが好きでした。将来は保育士を目指そうと考え、保育・幼児教育分野として歴史があり、母も学んだ秋草に決めました。この学科はさまざまな資格を取りつつ、余裕を持って就職に臨めます。今は図書館司書、児童厚生2級指導員、ピアヘルパーなど、できる限り挑戦しようと思っています。どれも授業に組み込まれているので無理なく取得できそうです。

 


■専攻科 幼児教育専攻


白壁 亜希子

白壁 亜希子

埼玉県立福岡高等学校出身(現:埼玉県立ふじみ野高等学校)

少人数制の授業を通し身についた実践力で将来は保育園経営も視野に


授業は少人数制で、常に自分自身で考え、発言することが必要です。ディスカッションをしたり論文を書いたりもするので、受け身ではいられません。そのぶん確実に力がつき、専門性も高められます。卒業後はまず保育園で経験を積み、いずれは学位を活かして自分で園を経営するのが夢。子どもたちの心にきちんと寄り添える、自分らしい保育園を作りたいです。

 

 

■文化表現学科



小原 和音小原 和音

岩手県立花巻南高等学校出身

本と図書館が好きで司書課程を選択。情報分野の科目も学んでいます


資格を取って社会に出たいと思っていた高校時代に、図書館司書のことを知り、本が好きな私に向いていると思いました。授業では「児童サービス論」が楽しいですね。子ども向けの本を選んで、読み聞かせの練習をしています。また、現代の図書館に情報技術は不可欠。この学科では情報処理やWebデザインの科目も選べるのでとても役立っています。次のインターンシップでは図書館に行き、司書の仕事を体験するのが楽しみです。

 

 

木下 もえ

木下 もえ

山梨県立富士河口湖高等学校出身

医学やパソコン…多彩な科目を学び、患者さんに寄り添う仕事に就きたい!


病院に行った人が最初に接するのは受付の人。そこで患者さんの気持ちに寄り添い、病院の印象もより良くできるような仕事に就きたいと考え、医療管理秘書士資格を目指そうと思いました。1年後期には薬学や医学の科目もはじまり、覚えなければならないことも多くなります。選択肢の多い学科なので、医療事務の仕事に役立つ情報処理や、さまざまな検定にも挑戦しています。勉強は大変ですが、授業は楽しく、やりがいがあります。

 

 

櫻井 海春櫻井 海春

東京都立東村山西高等学校出身

Webデザインの技術は一般企業でもさまざまな場面で役立ちます


Webデザインに興味を持ったのは、オープンキャンパスで参加した模擬授業がきっかけ。ホームページを一から作れるということに驚き、きちんと学びたいと思いました。映像作品を作ってインターネットにアップする科目など本当に面白いです。私はぬいぐるみアニメを制作しました。授業の空き時間にはパソコン室が自由に使えます。ウェブデザイン実務士の技能は、一般企業に就職してもホームページ作成などに必ず役立つと思います。

 

 

佐藤 玲奈

佐藤 玲奈

私立秋田和洋女子高等学校出身

好きな分野を中心に学びながら、さまざまな資格にも挑戦中です


メディア系や映像系に興味があり、高校の先生に秋草を勧めていただきました。ここなら自分の好きなことを学びながら、ほかにもさまざまな知識が身につけられます。CGや映像制作の授業は、自由に表現ができて楽しさもいっぱい。将来に役立てるため、色彩検定や情報処理などの資格にも挑戦する予定です。アニメーターを目指す友人とも日々情報交換しながら幅広く学び、卒業後は4年制大学への編入学を考えています。



髙野 智代

髙野 智代

埼玉県立所沢高等学校出身

興味のある科目にふれる中で目指したい道が見えてきました

高校時代は目指す道がはっきりせず、いろいろなことを学びながら考えていこうと思いました。この学科は興味のある分野の科目が幅広く揃い、友達もそれぞれやりたいことが違うから、話していて良い刺激になります。ファッションに注目したのは、小さい時から「色」に興味があったから。今はデザインと色の組み合わせの効果や、色のイメージを学んでいます。アクセサリーデザインや商品企画など、将来の道が見えてきました。