TOP navigate_next ニュース > 幼児教育学科 授業紹介「表現とアート」
幼児教育学科第一部 2019/6/10

幼児教育学科 授業紹介「表現とアート」

幼児教育学科「表現とアート」の授業では、造形と音楽を学びます。

造形を学ぶ時間には、保育現場でも使用される「紙」素材と子どもの活動の理解のための授業を行い、4・5月は新聞紙を使用してつくる事から始まる表現遊びを体験しました。

細長く裂いた新聞紙をみんなで繋げてクモの巣があるような空間をつくったり、へんてこ帽子をつくったことをきっかけに変身ごっこをしました。図工室はファッションショー会場になったり、結婚式場にもなりました。たった一枚の紙から始まる表現遊びですが、学生一人ひとりが工夫し、イメージし、友だちと共有して、とても楽しんで「つくること」を遊びました。

  

 

幼稚園や保育所で行われる活動を通して、現場での表現活動の理解と展開方法などを学ぶとともにクラスメイトとの交流や関係も深めていきます。

 

指導担当 小口 偉