TOP navigate_next ニュース > 体育実技「野外環境教育実習(夏)」
幼児教育学科第二部 2019/9/13

体育実技「野外環境教育実習(夏)」

 

体育実技「野外環境教育実習(夏)」

本学科の体育実技の授業は、選択制で3泊4日の野外環境教育実習に参加し、単位を取得することができます。

今年度は、94日〜7日で例年通り国立赤城青少年交流の家にて行いました。

内容は、秋草学園短期大学オリジナルプログラムです!この実習に参加し、学校で保育士資格を取得することで、NEAL(自然体験活動指導士)という資格も取得できちゃいます。内容をちらっとお見せしますね。

 

 

初日は、NEALに関わる内容も含めての講義と沢や森遊びをします。

2日目は、自然体験の技術と安全管理という内容で、野外炊事をします。メニューは、ドラム缶ピサとポトフ。薪割り、火起こし、ピザ生地作りなど、みんなで楽しみながら体験し、学んでいきます。2日目の夜は、ネイチャークラフト。森の中で見つけた松ぼっくりや枝などを使って、写真たてを作りました。みんな楽しくなって、凝った素敵な作品がたくさんできました。

3日目は、森のようちえん体験です。今年は、たくさん見学、体験ができました。子どもたちが自然の中でイキイキと目を輝かせて遊ぶ姿を見て、一緒に遊んで、自然の心地よさ、自然体験の大切さを実感することができました。夜は、キャンドルファイア。3日間寝食を共にした仲間と楽しい時間を過ごし、最後はキャンドルの火を見ながら、この実習を振り返ることで改めてこの実習に参加してよかった、と感動と涙の時間を過ごしました。

この実習は、本学だからこそのプログラムになっています。どの学生も、参加して本当に良かったと毎年話してくれます。それは、楽しいだけではなく、多くの発見、学びが詰まっている、そして、新しい仲間や素敵なスタッフとの出会いがある、学校では学ぶことのできない多くの体験があるからなのだと思います。

 

担当:  塩崎みづほ