TOP navigate_next ニュース > いのちの授業
幼児教育学科第一部 2019/12/21

いのちの授業

所沢にある【助産院もりあね】の

院長田口眞弓先生による【いのちの授業】が

幼児教育学科一部・二部の2年生対象で行われました。

女性として、人間として、いのちを守る保育者として、

いのちの大切さをいのちの誕生から学びました。

幼児教育学科を卒業した二人の先輩に登場していただきました。

出産をし、女性として、保育者として活躍している話を聞くことができ

学生たちは10年後の自分の姿を想像しているようでした。

 

【学生の感想を一部ご紹介します】

・自分の誕生日は大切な日でもあり、命の記念日ということを学びました。帰ったらもう一度家族に感謝の気持ちを伝えたいと思いました。

・田口先生が何度も繰り返し、「あなたの命はひとつしかなくてもとても大切なんだよ」「生まれてきてくれてありがとう」と言ってくださったのがとても印象に残っています。なんだか自分のことを肯定していただけた気分で嬉しくなりました。

担当:豊泉・鳥海