TOP navigate_next ニュース > 学科の日(文化表現学科)
文化表現学科 2020/1/18

学科の日(文化表現学科)

2020年1月16日(木)に、初めての「学科の日」のイベントが開催されました。学科の日とは、各学科の全学年合同で行なわれるイベントです。イベントの内容は各学科で異なります。普段1年生と2年生の間では学生全員での交流はありませんので、とても新鮮なイベントでした。

文化表現学科では、以下の内容が行なわれました。

  • 10:30~12:00 スポーツ大会(体育館)
  • 12:00~13:30 昼食(視聴覚室)
  • 13:30~15:30 学習・研究発表会(視聴覚室)

午前のスポーツ大会では、「ドッチボール大会」を行ないました。1年生・2年生の混成チームを4つ作り、総当たりで対戦しました。最初は、ぎこちない動きでしたが、対戦が進むにつれ、白熱した試合になっていました。普段おとなしそうな学生が強烈な速さのボールを投げているのを見て、新しい一面を垣間見ることができ、少しうれしい気持ちになりました。試合結果は、4チーム中3チームが2勝1敗で並び、最後はチームの代表者によるじゃんけんで優勝チームが決定しました。優勝チームの学生には、ささやかながらお菓子の入った賞品をお送りしました。

お昼は、お弁当やサンドイッチ、飲み物などが提供されました。みんな楽しく食べていました。

午後は「学習・研究発表会」が行なわれました。学生約20名により、ゼミナールの研究成果や授業での体験報告などの発表が行なわれました。ゼミナールの研究成果の発表では、ファッション、コンピュータ、文学・図書館などに関連する内容が発表され、授業での体験報告では、授業で訪れた京都の旅行記の内容が発表されました。大きな会場で大勢の聴衆の前で発表したことがない学生がほとんどだと思いましたが、皆さん堂々としっかりと発表していました。とても良い経験になったと思います。

この学科の日の学習・研究発表会は、1年生にとっては来年から始まる卒業研究や卒業制作の内容を決める上での参考になり、2年生にとってはこれまでの勉学の成果を整理し形にする良い機会になったと思います。

文化表現学科 江本全志