TOP navigate_next 受験生の方へ navigate_next 保育士の仕事を知る

保育士の仕事を知る

保育士とは?

保育士

保護者の方たちをサポートしながら、
小さなこどもたちの豊かな成長を支えます

保護者の方に代わり、子育てのお手伝いをするのが保育士です。0歳から5歳までのこどもたちを対象に、身の回りの世話をしたり、集団生活の中で基本的な生活習慣を身に付けさせたり、遊戯などを通して心身の発達をサポートするのが主な仕事です。
保育士になるためには、国家資格である「保育士資格」を取得する必要があります。保育士資格は、国家試験に合格するか、「指定保育士養成施設」に指定されている専門学校や短期大学、大学などで卒業することで取得することができます。

主な活躍のフィールドは、保育園をはじめとする児童福祉施設です。また、現在では幼保一元化により、保育園と幼稚園が一体となった「認定こども園」の設置が進んでおり、これまでは保育士資格では働くことができなかった幼稚園も、今後は保育士の活躍の場の一つとなっていくでしょう。

保育士の魅力

1子どもたちの成長が嬉しい

保育士の一番のやりがいは、何よりも子どもたちの成長。自分が教えた事をどんどん覚えて成長していく子どもたちの姿は、たくさんの喜びや感動、驚きを与えてくれます。

2保護者の方からの感謝の言葉が力になる

保育士は子どもを育てるのと同時に、保護者の方をサポートする仕事でもあります。子どもたちを迎えに来たときの「ありがとう」「助かります」などの感謝の言葉に、人の役に立てていることが実感でき、毎日の活力になります。

3子どもたちからも多くのことを学べる

大人が子どもにたくさんの事を教えるように、小さな子どもたちもまた、大人には持っていないものを与えてくれます。保育士は、子どもたちの純粋さや真っ直ぐな気持ちに触れることで、人間としてさらに成長できる仕事です。

本学の強み

done ポイント1

子どもの心身の発達を理解して、保育現場における幼児の生活や遊びの実態に即した保育者の関わり方や、配慮について理解を深め、発達援助を行う実践力を身につけます。

done ポイント2

教養演習では、授業を通して女性の「身体」と「生命」について理解を深めること、および社会生活を送るうえでの「常識」を身につけることが出来ます。

done ポイント3

現代社会において、子育て支援は重要な課題となっています。地域子育て支援論では、学生が主体となって実際の支援活動を企画・運営することで「地域子育て支援」のあり方について学ぶことが出来ます。

done ポイント4

社会福祉の講義では、現代社会における福祉制度の意義や理念、福祉政策におけるニーズと資源、福祉政策の構成要素やその課題などについて学んで行きます。

主な就職先

主な就職先(保育園)・(幼稚園)

この資格を取得できる学科はこちら

●幼児教育学科第一部 ●幼児教育学科第二部 ●地域保育学科