TOP navigate_next 受験生の方へ navigate_next 図書館司書の仕事を知る

図書館司書の仕事を知る

図書館司書とは?

図書館司書

図書館にはさまざまな種類がありますが、「本の整理」「本の選定・収集」「利用者の質問や要望への対応」の3つは、いずれの図書館においても共通する業務。
さらに各図書館の特色によって、司書が担う役割には少しずつ違いがあります。例えば、公共図書館の場合は子どもを対象にした読み聞かせ会や、地域住民に向けたイベントの企画・運営など。
また、学校図書館であれば、図書館の利用方法を説明するオリエンテーションの実施、図書委員会の運営、調べもの学習の補助など、児童・生徒が利用する図書館ならではの独自の業務が発生します。

引用:リクルート スタディサプリ進路

図書館司書の魅力

1利用者の方に喜んでもらえる

2多くの人に本を読む楽しさを伝える事が出来る

3こども達に絵本を読み聞かせ、楽しんでもらえる

4自分の好きな本をコーナーとして設置出来る

5自分がやりたいイベントを企画することが出来る

6年齢層問わず、多くの方と関わる事が出来る

7自分の大好きな本に囲まれて仕事が出来る

本学の強み

done ポイント1

現役の司書(先輩)から、直接アドバイスを受けることができる。

done ポイント2

司書課程の専任の先生に加え、非常勤講師などで指導スタッフが充実している

done ポイント3

日本語・日本文学・情報機器関連など、現場に役立つ基礎を身につけることができる。

この資格を取得できる学科はこちら

●文化表現学科 ●地域保育学科