地域保育学科|幼稚園教諭、保育士、図書館司書、医療事務などの資格取得を支援する短大

地域保育学科

地域に密着した子育て支援へ

地域に密着した子育て支援へ

働く女性の子育て支援のエキスパートを育成。
乳幼児から学童保育、チャイルドビジネスまで活躍分野は多彩。

2001年に子育て相談、支援に積極的に関わることができる保育者を育成する学科として誕生。その後、「幼保一元化」の傾向が強まって来たことを受けて、2007年に県内初の3年制保育系学科として誕生しました。

卒業生のリアルトーク

地域保育学科 Hiroeさんのリアルトーク(2015.3 卒業)

幼保一元化に向けた取り組み

保育士の職域が幅広くなってきていることに着目し、保育士資格だけでなく、幼稚園教諭二種免許を取得できるカリキュラムを組んでいますが、そればかりではなく、カウンセリングなどの心理学教育にも力を入れ、児童養護施設などの福祉の現場でも活躍できるカリキュラムと小学生対象の学童保育や児童館での体験学習も行っています。

特色ある大学教育支援プログラム

特色ある大学教育支援プログラム

本学科教育課程の工夫改善への取り組みがひとつのカタチとなったものです。「地域子育て支援」「実践的なカリキュラム」「成長を支援する叡智」「地域活動を通しての社会性の育成」「遊びのプロフェッショナル」の5つのキーワードで、地域社会に活きる保育エキスパートを養成して行くためのプログラムのもと、本学科のカリキュラムができあがっています。
これは、地域子育て支援のための実践的なカリキュラムであり、子どもの成長を支える専門性を養成するための教育です。授業の一環として地域活動を行い、それにより学生の社会性を高めて行ったり、遊びのプロフェッショナルとして、その心の柔軟性を育てています。

保育の現場と資格

地域との関わりを持つ保育の現場には、保育所、子育て支援センター、児童養護施設、障害児施設、認定こども園、幼稚園、児童館、放課後児童クラブ、ファミリーサポートセンターなどがあります。

実習研究事前授業

実習がより円滑に体験できるよう、実習研究事前授業として、1年次に、土日、祝日、長期休暇中に学校周辺、近接地域の施設、障害関係施設の行事に一人3回程度参加のプログラムを行っています。

インターンシップとボランティア活動

本学科は、体験学習を主軸に保育士の幅広い職域を念頭においた学科です。そのため、乳幼児用品メーカー、絵本制作会社、子ども服売り場などのチャイルド関連企業でのインターンシップや、福祉分野への理解を深めるための養護施設などでの地域ボランティア活動をカリキュラムに含めています。

在学生の声

在学生の声はこちら

地域保育学科の詳細ページです。秋草学園短期大学は、埼玉県にある女子大です。幼稚園教諭、保育士、図書館司書、医療事務などの資格取得を支援します。