進路・就職ガイド

進路・就職ガイド

卒業後も仕事をしながら公立保育士対策講座を受講。念願だった公立保育士の夢がかないました

地域保育学科 2015年度卒業
内定先:日野市役所

3年制ならゆっくり学べて、勉強の時間も確保できると考えて秋草の地域保育学科を選びました。ボランティアで行った保育所や老人ホーム、障がい者施設では、コミュニケーションの大切さを学べました。公立保育士を目指すようになったのは、施設の充実や職員の経験の豊かさ、就業体制などが子どもたちにも自分にとってもよい環境だと思ったからです。1年次から保育専門科目と同時に公立保育士対策講座を受講し、苦手な政治経済などは高校の教科書で一から勉強し直しました。卒業後も保育所で働きながら、週末は引き続き秋草の対策講座に参加し、キャリアセンターからもさまざまなサポートをいただきました。おかげで既卒でも日野市の保育士として無理なく合格。安定した職場で子どもたちの成長を見守りながら、これから長く働いていきたいと思っています。

卒業生の就職内定状況

・平成28年度 卒業生の就職内定状況

就職希望者360名 就職者350名 就職内定率97.2%

 幼児保育系学科の歴史と伝統から生まれた秋草学園短期大学の社会的信頼度。
これを裏付けているのが、卒業生の進路です。
 卒業生のみなさんは、東京、埼玉を中心に、有数の幼稚園、保育所・施設に就職していきます。もちろん、一般企業への就職や、進学を選ぶ学生もおります。 幼児教育学科、地域保育学科、文化表現学科、そのすべての学科に、自分を生かした進路を導き出す可能性があふれています。
 また、卒業後も支援していきます。

就職状況グラフ

幼児教育学科・地域保育学科

働いている様子

幼児保育系学科では、幼稚園や保育所そして、保育所以外の社会福祉施設、学童クラブなど、取得した免許・資格を活かした就職内定率は、9割以上になっています。幼稚園、保育所などからは次のとおりの求人がありました。

幼稚園:386件 保育所:661件
保育所以外の社会福祉施設:99件

合計1,146件の求人は、就職希望者の3倍以上となっており、本学の伝統と実績に対する、幼児教育関係者の高い信頼の証といえます。
また、就職だけでなく本学専攻科への編入者も10名おり、一人ひとりの希望と適性に応じた進路実現を支援していきます。

文化表現学科

働いている様子

文化表現系学科卒業生の主な就職先である、一般企業から多数の求人があり、88%以上の就職内定率をあげています。 図書館司書・医療秘書士の資格を活かして就職している学生もいます。
四年制大学の3年次編入の支援も行っており、一人ひとりの希望と適性に応じた進路実現を支援していきます。