学校生活

進路指導

2020年度卒業生の進学実現率は99%

主な進学先(2020年度)

主な進学先(2020年度)

主な進学先(過去3年間)

国公立
入試年度 2020年 2019年 2018年
国立看護大学校 1
埼玉大学 1 1
埼玉県立大学 1 2 1
都留文科大学 1
長野県立大学 1
私立
早慶上理+GMARCH
入試年度 2020年 2019年 2018年
早稲田大学 2 1
上智大学 2
東京理科大学 1
明治大学 2 1
青山学院大学 4 1
立教大学 1 3
中央大学 1 2 2
法政大学 2 2
学習院大学 1
成成明学國獨武+日東駒専他
入試年度 2020年 2019年 2018年
成蹊大学 2 3 1
成城大学 1 2 1
明治学院大学 1 1
國學院大學 1 1 2
獨協大学 1 2 3
武蔵大学 2 2 1
日本大学 2 2 6
東洋大学 5 7 5
駒澤大学 1 3 4
専修大学 3 2 1
二松學舍大学 1 1
武蔵野大学 1 2 2
国士舘大学 1 1
大東文化大学 6 5 6
亜細亜大学 3 2 3
明星大学 3 1 1
日本社会事業大学 1 1
女子大
入試年度 2020年 2019年 2018年
津田塾大学 3 2 2
東京女子大学 1 4 1
日本女子大学 1 2 4
学習院女子大学 2
昭和女子大学 2 2
白百合女子大学 1 1 2
共立女子大学 2 3 2
大妻女子大学 5 3 4
女子栄養大学 6 1
清泉女子大学 1 2 1
実践女子大学 5 2 2
十文字学園女子大学 9 10 12
東京家政大学 5 4 5
跡見学園女子大学 5 3 4
東京家政学院大学 1 1
看護医療・栄養系大学
入試年度 2020年 2019年 2018年
東京農業大学 1
北里大学 1
日本獣医生命科学大学 3
日本赤十字看護大学 1
東京医療保健大学 2 2 1
埼玉医科大学 3 3 2

*この他多数大学の合格実績があります。

卒業生からのメッセージ

AKIKUSAで自分を高め、夢をかなえた先輩たち。

  • 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 看護学科
  • 小幡佑希
  • 特進選抜コース卒業

特進選抜コースは、特に以下の三点において勉強する環境が整っています。

一つ目は、少人数のクラスなので危機感を持てるところです。放課後にクラスメイトが勉強しているのを見ては焦燥感を抱くこともあるでしょう。彼女たちは良きライバルであり、一緒に切磋琢磨する仲間なのです。

二つ目は、進路の対策が充実しているところです。例えば、進路指導室に並ぶ赤本を使用できますし、さらに予備校講座という受験対策の授業があります。図書館では書物を参考に勉学に励むことができ、自習室などは自由に利用できます。

三つ目は、先生方がとても献身的だというところです。分からない問題は質問をすれば徹底的に教えてくださいますし、授業以外でも個別にサポートをしてくださいます。特進選抜コースは、自分の能力を最大限引き出す助けになるでしょう。

  • 実践女子大学 生活科学部 食生活学科管理栄養士専攻
  • 佐藤里咲
  • 進学選抜コースβ類卒業

私は日々の学校生活で、毎日の授業を大切にすることや欠席や遅刻をしないこと、丁寧な言葉遣いなどを心がけて生活していました。どれも当たり前のことではありますが、普段からそういったことに気を付けて生活していたおかげで、三年生になってから内申点のことで後悔することも、急いで言葉遣いを直す必要もなく、他の勉強などに時間をまわすことができました。

私は受験に向けてのスタートが遅かったのですが、普段の生活で気を付けていたことが良い方向に動いてくれたことに加え、先生方の力強い協力もあり、見事第一希望の大学に合格することができました。

現在、大学で管理栄養士になるための勉強をしています。これから先、大変なことや困難なことに直面することもあると思いますが、秋草学園で身につけたことやお世話になったことを忘れずに頑張っていきたいと思います。

  • 東京医療保健大学 東が丘看護学部
  • 山﨑菜々子
  • 進学コース卒業

私は、一年生の頃から将来の選択肢を増やすためにテストの点数を上げようと勉強していました。部活動は吹奏楽部に所属し、毎日忙しくて、家に帰ると寝てしまう生活だったので、テスト2週間前は学校に朝早く来て自習室で勉強していました。部活動がない人たちよりも勉強時間を取るのが難しかったので、テスト一週間前には、休み時間中も休憩を適度にしつつ、ノートまとめなどをして頭に入れていました。また、進学コースに在籍していたので土曜日は授業がなかったのですが、部活動のない土曜日は学校に来て勉強をしていました。

三年生になって、志望校で悩んでいたときに先生に相談し、不安で何度も何度も質問をしていた時もたくさん考えてくださり、私にとって一番良い道を一緒に探して下さいました。また、秋草は、看護系のガイダンスをたくさん行っていたので積極的に参加していました。

もし、まだ目標や夢が無いとしても、自分の将来のためを考えて少し頑張ってみてください。応援しています。

  • 東京国際大学 言語コミュニケ―ン学部
  • 山岸真那
  • 進学コース卒業

私が高校三年間で頑張ったことは二つあります。

一つ目は勉強です。中学生の時は勉強が苦手でテストの結果も良くなかったので、三年間授業についていけるかとても不安でした。しかし、秋草の先生方は私が問題を解けるようになるまでしっかり教えてくださるので楽しく授業を受けることができました。また、中学生の時に持っていた勉強への苦手意識がなくなり家で毎日勉強することが当たり前になりました。その結果苦手科目の成績も伸ばすことができました。

二つ目は検定です。秋草は英語に力を入れている学校なので英検の受験日が近くになると授業で過去問を解くなどの対策をしていました。また、英検だけでなく漢検も積極的に受けました。参考書の問題を通学中に読んで単語を覚えました。検定を持っていることは大学に合格するのに必ずしも必要というわけではありませんが、検定対策に費やした時間や能力は大きな武器となり必ず役に立ちます。

大学でもさらに英語力を伸ばせるよう、秋草学園で過ごした3年間を誇りに思って頑張っていきたいです。

  • 秋草学園短期大学 幼児教育学科 第一部
  • 川田萌々香
  • 幼児教育・保育進学コース卒業

私は保育者を目指して幼保コースに入学し、秋草学園短期大学の幼児教育学科第一部に進学しました。幼保コースでは、新入生歓迎会、文化祭、そして卒業発表会など、クラスの仲間と協力する行事がたくさんあります。また、皆同じ目標を持っていることから、団結力が強く、みんなで作品を作り上げることがとても楽しいです。二年生から始まるピアノの授業は個別での授業で、担当の先生が細かいところまで丁寧に教えてくださるので、ピアノを習ったことがなくても自分のペースで学んでいくことができます。高校で専門的な授業を受けることができたことは、今とても役に立っています。

私は秋高に入学したことで勉強することの楽しさを知り、部活動で仲間と力を合わせることの大切さを学び、そして大好きな友達、先生ができました。中学生の皆さんも、これから始まる高校生活をめいっぱい楽しんでください。応援しています。

  • 秋草学園短期大学 地域保育学科
  • 島田莉星
  • 幼児教育・保育進学コース卒業

私は将来幼稚園教諭になるために、高校生の時から保育に必要な知識を学び技術を身に付けられる、幼児教育・保育進学コースに入学しました。

高校三年間は、一緒にいて楽しい友達にも出会い、楽しく充実していました。高校で学んだ「努力」の大切さは、現在の大学生活にも活かされています。大学進学に関して、私が最終的に志望大学を決めたのは高校三年の夏休み明けでした。担任の先生は、一年生の時から一緒に志望大学を考えてくださり、志望大学を決めきれずに悩んでいた時も、寄り添って一緒に考えてくださいました。面接練習の際も先生方から多くの具体的なアドバイスを頂き、そのアドバイスを活かして何度も練習しました。練習を重ねる度に自信を持って話せるようになり、受験当日も堂々と面接を受けられ、合格することができました。

秋高は優しい先生方しかいない温かい高校です。皆さんが楽しく充実した三年間を送れますように。

イベントカレンダー Calendar
2021年 7月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
資料請求
デジタルパンフレット
学校法人秋草学園
Akikusa Gakuen
ご寄付のお願い
Copyright © Akikusagakuen High School. All rights reserved.