NEWS

全て
  • 全て
  • 新型コロナ感染症対策
  • オープンキャンパス
  • お知らせ
  • 入試情報
  • 就職関連
  • 幼児教育学科
  • 地域保育学科
  • 文化表現学科
幼児教育学科
2021/06/23

「保育原理」浅井拓久也准教授 授業紹介!

「保育原理」の授業をご紹介します。

今年春に卒業した幼児教育学科一部の卒業生2名が登壇し、実習について、就職について、仕事のやりがいや学生時代にやっておいた方がよかったことなどを講演して頂きました。



同じ学校で学び、今リアルに現場で働いている先輩たちのお話に、学生はメモを取りながら興味深く聴講していました。



子どもの興味を惹く手法や今5歳児クラスで流行っているゲームについて、または学生時代に実習で辛かった話やその対処法など、働いている先輩の姿をみて、学生は自分たちのこれからがよりイメージ出来たと思います。

【学生の感想】

 

◇卒業生のお二人は今年卒業されたと思えないくらい堂々としていて私もあの様になれたら良いなと憧れを抱きました。保育者が子どもとどう関わってどんな言葉がけをしているのか、質問やメモのタイミングなど、前期実習に必要なことを聞けてとても勉強になりました。

◇もっと今から準備できることを探し取り組もうと強く思いました。自分は本当に保育者になれるのかと不安になる時もありますが、社会に出て楽しいことも沢山ある事を知ることができました。

◇やはり、ピアノは保育者になる上で大切なのが良くわかったので、学生のうちに沢山弾けるようにしたいです。

Nさんのお話を聞いて、準備をしておくことの大切さや自分から行動することの大切さを学びました。「出来るところで楽をして、工夫できるところで工夫する」という言葉もとても良いなと思いNさんのような先生になりたいと思いました。そのために、毎日の生活を見直していこうと決めました。

過去記事